Cross Talk

OA事業部×CRM事業部

川上 亮 × 原田 あいか

川上 亮Ryo Kawakami

OA事業部

2018年中途入社。

原田 あいかAika Harada

CRM事業部

2017年中途入社。

talk01ライト通信にきたきっかけ

インタビュアー:
まず、普段営業で販売されているものはなんですか?

川上 (OA事業部):
OA機器です。

原田 (CRM事業部):
携帯電話です。

インタビュアー:
お二人は中途入社の同期とのことですが、前職は?

川上 (OA事業部):
電子タバコの営業をしていました。

原田 (CRM事業部):
介護職をしていました。

インタビュアー:
介護! 全然違いますね。どうして営業へ?

原田 (CRM事業部):
前職は寿退社で退社したのですが、結婚の予定がなくなってしまい、新しい仕事を探す必要が出てきて。営業という仕事をしたことがなかったので選びました。今思うと、切り替えるちょうどいいタイミングでしたね。

インタビュアー:
川上さんは、どうして電子タバコの営業から転職を?

川上 (OA事業部):
頑張った分だけもっと評価される営業がしたいと感じたからですね。前の会社が反映されづらい会社だったので。

talk02初受注ってどうでしたか?

インタビュアー:
初めて契約を受注したときって、いつでしたか?

原田 (CRM事業部):
私は既に契約されているお客様を担当する部署にいるので、初受注、というのはなくて。

川上 (OA事業部):
入社4ヶ月めです。最初実感がなくて。初受注のときはふわふわしていたので、2件目のほうが実感がありました。嬉しかったですね。

インタビュアー:
営業される中には、前向きじゃないお客様もいらっしゃいますよね。
川上さんが営業されるときは、お客さんによって営業の方法を変えたりはしますか。

川上 (OA事業部):
当然、お客様の環境で変わると思うのですが…。
同じスタートラインだったとしたら、言葉を使うタイミングを変えたりするのもひとつです。勧め方が違う、というか。

インタビュアー:
それは、既顧客が多い、CRM事業部の営業でもそうですか?

原田 (CMR事業部):
そうですね。
既顧客様が求められている新しいニーズが、『料金を下げること』なのか、『商材の良さ』なのかを話している間に探って、考えながら動きます。

talk03同じ営業職でもやりがいは人それぞれ

インタビュアー:
最後に、大変な仕事だと思いますが、目標はありますか?
また、やりがいはなんですか?

川上 (OA事業部):
中途入社して9ヶ月なのですが、入社したときから上長が同じ方なんです。今の仕事を0から教えてくださった方なのですが、その方に落胆されないようにしないといけないなと思っています。
OA事業部の営業のやりがいは、一本で大きな契約がとれること。そしてそれがインセンティブとして返ってくることですね。

インタビュアー:
自分の頑張りにインセンティブが反映されるのは、営業の魅力ですもんね。
逆にCRM事業部は既顧客に対する営業が多い、と先ほどお伺いしましたが、「同じ営業なら、インセンティブの反映が大きな新規の営業をしたい」と感じることはないですか?

原田 (CRM事業部):
インセンティブやお給料はもちろん大事ですが、個人的にはそれよりもやりがいを大事にしています。
顧客管理の仕事は、OA機器の営業のように大きな契約をとる、みたいなのはなくてお客様のフォローに回ることが多いのですが、クレームから獲得につながることもあるので、そこにやりがいを感じています!

インタビュアー:
ピンチは最大のチャンスですもんね!
今日はありがとうございました!